C型肝炎治療市場、2021~2028年にCAGR13.5%に到達予測

C型肝炎治療市場は、予測期間の2021-2028年にCAGR13.5%に到達すると予測されています。

C型肝炎ウイルス(HCV)に感染すると、肝臓に炎症が生じ、がんをはじめとするさまざまな問題を引き起こします。C型肝炎治療は、C型肝炎ウイルスの残骸を体内から永久に除去(クリア)するか、肝臓の損傷を遅らせ、肝硬変(肝臓に進行した傷跡)のリスクを低下させてしまいます。

市場動向

C型肝炎の感染に対する人々の意識向上が、市場成長の原動力になると考えられます。

C型肝炎は、COVID-19以前に他のどの感染症よりも多くのアメリカ人を死亡させていることが指摘されています。容易に入手できる血液検査で検出することができ、8〜12週間の経口治療により、副作用も少なく、ほぼすべての感染者を治癒させることができます。しかし、HCVに感染しているほとんどの人は自分の感染に気づいていないか、治療を受けていません。世界保健機関(WHO)と米国科学・工学・医学アカデミーは、2030年までに新規HCV感染を80%、HCV関連死亡を65%削減するという目標を掲げ、HCV排除戦略を策定しています。サンディエゴ郡を含む州や自治体もこれに呼応し、HCV撲滅プログラムを開始しました。サンディエゴ郡監督委員会は、2020年1月に「C型肝炎撲滅サンディエゴ郡イニシアチブ」を承認し、2020年3月10日に勧告報告書が採択されました。このイニシアチブは、スクリーニング戦略の改善とケアおよび治療への接続、治癒への障壁への対処と除去、危害の軽減と再感染防止、HCV撲滅を支援する政策の支援により、WHOのHCV撲滅目標達成に向けた提言とロードマップの作成を目指す官民連携組織です。したがって、予測期間において市場を牽引することが期待されます。

抑制要因

規制当局による製品の承認が厳しいこと、C型肝炎治療薬にかかる費用が高いことなどが、予測期間中に市場が阻害される要因として挙げられます。例えば、ハーボニー(Ledipasvir & Sofosbuvir)医薬品は、12週間の治療で94,500米ドル、1錠あたり約1100米ドルの費用がかかっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]