蛍光酵素アッセイ市場、2021~2028年に年率9.8%で拡大予測

蛍光酵素アッセイ市場は、予測期間(2021-2028年)に年率9.8%で拡大すると予測されています。   

蛍光酵素法とは、主に免疫学で使用される生化学的手法で、試料中の抗原や抗体の存在を検出するものです。蛍光酵素法は、病理学や医学、様々な産業における品質管理検査として使用されています。主に薬物、特定のタンパク質、ホルモン、腫瘍マーカー、心筋梗塞マーカーなどの測定に使用されます。

市場動向

蛍光酵素アッセイの世界市場は、慢性疾患や感染症の有病率の上昇に伴って拡大しています。また、高齢者人口の増加が主要な推進要因となっています。

市場における血液感染症の有病率の上昇が市場成長の原動力となる

神経疾患、肝炎、デング熱、癌、エイズなどの感染症が増加し、フッ素酵素検査の世界市場の需要を高めると予想されます。大手企業は、抗体検出のための技術的に高度なキットや独自の機器を開発・導入するために、研究開発活動を活発化させています。

例えば、Bio-Rad Laboratories Inc.は、2021年4月7日にコロナウイルスSARS-CoV-2に対する抗体を検出する血液ベースのイムノアッセイキットを開発しました。また、免疫測定技術や免疫測定製品の改良により、フッ素酵素測定法も伸びています。糖尿病、心血管疾患、癌などの慢性疾患により、イムノアッセイキット/製品の普及が世界的に進んでいます。米国国立がん研究所の研究「The Burden of Cancer in the United States」によると、2020年には米国でおよそ180万6,590件のがん患者が登録され、60万6,520件が致死的であるとされています。医療専門家は、早期診断と抗体の検出の重要性を認識し、イムノアッセイキットや機器の開発への資金提供や取り組みを拡大しています。その結果、需要が増加することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]