眼がん治療市場、2021~2028年に年率7%で拡大見込み

眼がん治療市場は予測期間(2021-2028年)に年率7%で拡大する見込みです。

目のメラノーマ(がん)は、目の色素を作り出す細胞が急激に分裂・増殖し、腫瘍と呼ばれる組織の塊を形成することで発生します。紫外線を浴び続けることで発症する可能性があります。 

市場動向

世界の眼科がん治療市場の成長は、増加する眼科がんの症例、眼科がんの症例に対する治療オプションの認知度の向上、償還政策、医療分野における政府資金の増加によって牽引されています。

眼科がんの患者数の増加が市場成長の原動力

世界の眼科がん治療市場は、発生率の増加、医療費の増加、老年人口などのリスク要因の増加により、牽引されています。先進的な手術などの治療法に対する需要の高まりや、政府による高い投資が、予測期間中の世界市場の推進力になると予想されます。

米国がん協会によると、2019年の眼球・眼窩がんの新規症例は3,360件で、男性が1,860件、女性が1,500件に上るとされています。また、同年には眼球および眼窩のがんによる死亡が370人、男性200人、女性170人が罹患すると予測されています。NHSによると、毎年、英国では750件の眼窩がんが診断されています。

世界保健機関(WHO)や米国癌協会(ACS)などの組織によると、眼球癌は増加傾向にあり、新規でかつ効果的な眼球癌治療薬の開発が必要となっています。継続的な技術革新をもたらす技術的進歩や、眼がんの症状や一般的な原因に関する意識の高まりが、世界の眼がん治療市場を後押しすると期待されています。原発性眼がんとは対照的に、二次性眼がんが増加していることも、今後数年間で市場を押し上げると予想されます。

先進国では、眼球がんの有病率が安定した速度で増加しています。これは治療市場の世界的な成長に寄与しています。

診断費用の高さが市場成長の妨げになる可能性

治療費の高さは、市場の妨げになる可能性が高いです。発展途上国の大部分は、政府部門からのシェアが低いため、問題に直面しています。抗がん剤にかかる費用の高さは、多くの国にとって大きな問題です。コストを削減し、価値を示すことが強く求められています。政治的な不確実性と持続的な経済停滞が、公的医療資金を危うくしています。後進国では、費用対効果の高い薬剤の不足が国民の健康に影響を与え、平均寿命の低下を招いています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]