男性型脱毛症治療薬市場、2021年~2028年に8%で成長予測

男性型脱毛症治療薬市場は、予測期間の2021年~2028年に8%の高成長が見込まれます。   

男性型脱毛症は、男性・女性を問わず発症する疾患です。男性型脱毛症は、男性が10代から20代前半の早い時期に髪が抜ける疾患です。この疾患は、生え際が後退し、頭頂部や前頭部の頭皮から徐々に髪が抜けてしまいます。

市場動向

癌、高血圧、関節炎などの慢性疾患の世界的な発生が、脱毛症治療産業の拡大を牽引しています。また、脱毛症治療・管理に関する啓蒙活動の増加や高齢者人口の増加が市場の成長に寄与しています。

市場における脱毛症の有病率の増加が市場成長の原動力

脱毛症の有病率の大幅な増加により、世界の男性型脱毛症治療市場は今後数年間で急速に成長すると予想されています。裕福な国々では、脱毛症治療を求める人の数が非常に多くなっています。一方、中国やインドなどの発展途上国では、医療費の増加により、脱毛症治療の需要が高まっています。

AHLAによると、男性の脱毛の95%は男性型脱毛症が原因です。同協会によると、世界中で約80万人が脱毛症の治療を受けています。脱毛症治療市場を牽引するその他の要因としては、老年人口の増加、中高年層における高血圧やうつ病の増加などが挙げられます。脱毛症治療市場の成長は、高血圧、関節炎、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、うつ病などの慢性疾患の有病率の増加、老年人口の増加、ホルモンバランスの乱れ、高いストレス、アルコールとタバコの消費の増加、食習慣の変化、化学療法による脱毛症の有病率の増加によって促進されると考えられます。脱毛症治療・管理に関する啓発プログラムの増加、男性型脱毛症、円形脱毛症、全体脱毛症などの脱毛症症状の増加、男女ともに脱毛症発生の増加に寄与しうる遺伝的要因などが、市場成長の要因として挙げられます。しかし、発展途上国における脱毛症治療薬の需要の低さが市場拡大の妨げになると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]