バイオチップ市場、2021年~2028年に年平均成長率11%で推移予測

バイオチップ市場は、予測期間中の2021年~2028年に年平均成長率11%で推移すると予測されています。

バイオチップは、生化学反応を実行できる小型化されたデバイスを指し、分子生物学で使用されています。そのユニークな特徴として、数千の生化学反応が挙げられます。これらはゲノミクスやプロテオミクスなどのバイオテクノロジーの研究用途、分子診断、薬剤のスクリーニングや開発など、さまざまな用途で活用されています。

市場動向

バイオチップの技術的進歩が市場成長の原動力となることが予想されます。

リード長が短く、測定スループットが高い、低コストの次世代シーケンサー技術の登場は、ライフサイエンス、医療、さらにはコンピュータサイエンスをも大きく変えました。ナノポアやゼロモード導波路技術などの第3世代シーケンサー技術の開発により、さらに高速で長い読み取り長が実現し、現場でのポータブルかつ迅速なゲノム研究への応用が期待されています。公衆衛生上の緊急事態や世界的なパンデミックなどの問題は、特に現在の情勢の中で、DNA配列を介して分析物の起源や種を迅速に特定することが求められています。

将来の疾病診断、治療、追跡技術の開発でも、頻繁なDNA検査が必要になる可能性があります。その結果、疾病予防、個人医療、バイオハザード対策などのニーズの高まりに対応するため、小型化、高集積化した個人携帯用DNAシーケンサーが今後のトレンドとなると予測されています。生物学的、医学的な分析システムも、元々はかさばるサイズであったものが、工学や科学の様々な分野の協力によって小型化されるようになったのと同じように、DNAシーケンサーもまた、小型化されるようになりました。DNAシーケンサーは、ナノプローブ、検出器、マイクロ流体工学、マイクロエレクトロニクス、回路、複雑な機能材料や構造などを含み、非常に複雑ですが、技術の進歩により小型化できる可能性があります。そのため、予測期間中に市場が牽引されることが予想されます。

抑制要因

バイオチップのコスト、技術に関する認知度の低さ、厳しい規制ガイドラインなどが市場の阻害される要因として挙げられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]