口唇拡大術市場、2021年~2028年にCAGR10.8%に到達予測

口唇拡大術市場は、予測期間の2021年~2028年にCAGR10.8%に到達すると予測されています。

口唇拡大は、ヒアルロン酸、脂肪、またはインプラントなどの充填物を使用して拡大することにより、唇の膨満感を高めることを目的とした美容整形術です。

市場動向

化粧品技術の進歩が市場成長の原動力となることが予想されます。

レーザースキンリサーフェシングは、皮膚(通常は顔)に正確な波長の光を照射し、身体が新しいコラーゲンを生成するよう刺激する施術です。患者は、治療が進むにつれてより滑らかで若々しい外観を目にすることができます。傷跡、日焼け、シミ、変色または色素沈着、細かい線としわ、および多くはすべてレーザースキンリサーフェシングによって改善することができます。さらに、市場には数多くの有名ブランドのレーザーがあります。例えば、切除型リサーフェシングは、皮膚の外層を除去し、体に新しい細胞を供給するよう促し、劇的な結果をもたらします。切除型レーザー治療の中には、レーザービームの間隔を空け、回復時間を短くするフラクショナルレーザーがある場合もあります。このように、上記の記述から予測されるように、市場はドライブすることが期待されます。

抑制要因

口唇拡大術に関連する副作用や治療費の高さは、予測期間中に市場が妨げられると予想されるいくつかの要因です。

セグメント分析

ヒアルロン酸フィラーセグメントは口唇拡大術市場において最大の市場シェアを占めると予想されます。2020年の市場シェアは、ヒアルロン酸フィラーセグメントが最大でした。ヒアルロン酸フィラーは、皮膚の形状を復元し、傷跡、傷、しわの外観を減少させるために頻繁に使用されます。ヒアルロン酸フィラーは、希望する結果が得られるまで、異なる予約の間に少しずつ注射することでその効果を発揮します。唇の動きによって生じるしこりや凸凹は簡単に溶かすことができます。他の皮膚充填剤と比較して、あざや腫れが少ないです。効果は永久的ではありません。

ヒアルロン酸は体内で自然に生成される化学物質です。軟性結合組織、目の周りの液体、一部の軟骨や関節液、皮膚組織などはすべてヒアルロン酸を多量に含んでいます。したがって、このセグメントが最大の市場シェアを占めると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]