ベータ遮断薬、高齢化による高血圧の有病率増加により市場拡大を見込む

ベータ遮断薬は、ベータアドレナリン遮断薬としても知られ、血圧を低下させます。

冠動脈のリズム異常(不整脈)、冠動脈不全、胸痛(狭心症)、冠動脈発作、片頭痛、特定の種類の震えを持つ人々の予防、対処、症状の改善に使用されています。

市場力学

老年人口における高血圧の有病率の増加は、市場の成長を促進すると予想されます。

米国心臓病学会によると、高齢者は高血圧の有病率が最も高く、CV罹患率および死亡率(BP)のリスクが最も高いにもかかわらず、一般に高血圧の治療が十分に行われていません。

高血圧は、心血管疾患(CVD)の主要な修正可能な危険因子であり、その有病率と重症度は年齢とともに上昇します。米国のNational Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)によると、高血圧は65歳以上の70%が罹患しています。高齢化が進むにつれて、この数字は増え続けると予測です。

2014年、米国人口の15%が65歳でしたが、2050年には20%に上昇するとされています。研究開発への莫大な投資、心血管疾患の高い有病率と発症率が、ベータ遮断薬の需要を高めており、そのため予測期間中に市場が牽引されると予想されます。

市場抑制要因

薬には、必要な効果だけでなく好ましくない効果が生じることがあります。

ベータ遮断薬は心拍数を低下させますが、一方で低血圧に関連する症状(低血圧症)を誘発する可能性があります。さらに、胃のむかつき、吐き気、下痢や便秘なども含まれ、ベータ遮断薬を服用すると勃起不全を報告する人もいます。これらは血圧を下げる薬によく見られる副作用です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]