HUDヘルメット市場、ライダーアシスタンスシステムに対する需要の高まりがトレンドを牽引

HUDとは、Heads-Up Displayの略で、ユーザーが視点をそらすことなく情報を投影する透明なディスプレイのことです。HUDヘルメットは、以前は主に軍用パイロットが使用していましたが、現在では自動車やオートバイ、エンターテインメントに浸透しています。

HUDヘルメットは、速度、方向、目的地までの距離、天候などの主要な情報をヘルメットバイザーの前面に直接投影し、バイクライダーをサポートします。そのため、ライダーは常に道路から目を離さず、情報を得るために目をそらす必要がないため、注意散漫になることを防ぐことができます。新世代のHUDヘルメットには、ハンズフリー通信のためのBlueTooth接続機能が内蔵されています。

市場動向

HUDヘルメットの需要は、主に注意力散漫を回避し、交通安全を高めるためのライダーアシスタンスシステムの需要が世界的に高まっていることが要因となっています。HUDヘルメットはコストが高いため、広く普及させることができず、市場の成長にとって重要な課題と考えられています。

ライダーアシスタンスシステムに対する需要の高まり

世界保健機関(WHO)の最近の推計によると、世界的にオートバイ事故と死亡者数が増加していることが懸念されています。このデータでは、毎年375,000人近くのオートバイ乗りが交通事故で死亡していると推定されています。社会経済状況の改善により、この数字は今後数年で増加する可能性が高く、世界的に新型モーターサイクルの販売を促進することになるでしょう。

自動車業界は、政府や市民社会の取り組みと連携して、事故や死亡者数を減らすための新技術を考案しています。アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)、衝突警告、アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)などのライダー支援システムの導入は、そうした試みの一つです。この機能は、数年前に高級二輪車に導入されました。安全性を高め、ライダーの快適性を向上させるために、経済的なモデルにも広く採用したいという要望が高まっています。したがって、ライダーアシスタンスシステムに対する需要の高まりが、HUDヘルメット市場のトレンドを牽引することになると推測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]