ウェアラブルインジェクター市場、2021年~2028年に年平均成長率33.4%へ到達予測

ウェアラブルインジェクター市場は、予測期間中(2021年~2028年)に年平均成長率33.4%へ到達すると予測されています。

ウェアラブルインジェクターは、身体に密着し、より大量の薬剤(2mL以上)を長期間にわたって皮下投与することができるデリバリーシステムです。

市場力学

ウェアラブルインジェクター市場に影響を与える要因は、技術の進歩であり、疾患の蔓延が市場成長の原動力になると予想されます。

技術的進歩が市場成長を促進

あらかじめ決められた間隔で正確な量の薬を自動的に注入するウェアラブルインジェクターは、医師や医療従事者の負担を軽減するのに役立っています。これらのデバイスは、特定の薬剤を受け取るために医療施設に定期的に通う必要性を軽減し、一時的なケアソリューションとして今後も利用される見込みです。

近年、濃縮モノクローナル抗体の開発により、慢性疾患の治療に有効であることが実証されています。しかし、これらの治療が効果を発揮するためには、医療従事者が正確な量を投与する必要があり、多くの場合は静脈注射を行う必要があります。

ウェアラブルインジェクターの技術革新により、何千人もの患者が自宅で注射を受けられるようになりました。ウェアラブルインジェクターで使用される投与量と粘性は、最新のデバイスで対処されています。大量の薬剤、高粘度の医薬品製剤(モノクローナル抗体など)、定時の薬剤注入が必要な長期レジメンに使用されています。注射の臨床的支援のために患者を医療施設に入院させる代わりにウェアラブルインジェクターを使用する場合、体内注射器が最も有用です。慢性疾患に対するタイムリーで効果的な予防医療を確保しながら、注射のサポートのためにクリニックや病院に行く必要が無くなり、代替手段を患者に在宅で提供するものです。

したがって、ウェアラブルインジェクターの技術的進歩や利点の増加が、市場の成長を促進すると期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]