乳房病変局所化の市場、技術革新に期待

乳房病変の位置確認は、外科手術、画像診断、生物医学の技術の進歩とともに発展してきた一般的な手技で、ワイヤーローカライゼーションは、触知できない画像検出された乳房病変の位置を確認するために、何年も前に導入された最初の技術です。

市場動向

技術の進歩と乳がん診断に対する社会的認知度の向上は乳房病変局所化市場を牽引すると予想されています。

放射線科医と外科医のケアコーディネーションとコラボレーションを改善しながら、局在化をより簡単、安全、正確にすることができます。さらに、センチネルリンパ節手術の合理化や外科医による美容効果の向上など、乳がんの発見や手術の技術革新に拍車をかけることが期待されます。

ワイヤの代わりに、放射性シードやその他の非放射性タグなどの新しい埋め込み型デバイスを使用して、乳房病変をマーキングする医療機関もあります。最新世代の完全埋め込み型非放射性マーカーには、携帯型リーダーで検出可能な無線自動識別(RFID)技術が組み込まれており、最近FDAがこれを承認しました。このデバイスは、ローカライゼーションの新しい標準治療を確立することができます。

触知できない乳房病変の位置確認には、ワイヤーガイド下ローカライゼーション(WL)が現在最も広く用いられている方法です。乳房病変の術前画像誘導定位法は、過去数十年の間に急速に発展した一般的な手技です。継続的な技術の進歩と新たな臨床試験の結果、乳腺専門医は様々な効果的な手法から選択することができるようになりました。乳房病変の局在化に伴う問題が市場成長の妨げになると予想されています

患者の不快感、手術当日に局在診断を行う可能性、手術室の効率を制限する物流上の課題、ワイヤの移動と切断、手術中の方向転換のためのポイントソースの欠如などはすべて、WL(ワイヤーガイド下局在診断)の限界と言えます。ワイヤーガイド下での位置決めには、多くの欠点があります。ワイヤの一部が露出しているため、手術前または手術中にワイヤが外れたり、移動したり、ねじれたり、破断したり、切断されたりする可能性があります。血管迷走神経反応は10~20%の患者で報告されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]