窓カバー市場、2021年~2028年に年平均成長率4.2%へ到達予測

窓カバー市場は予測期間(2021年~2028年)に年平均成長率4.2%へ到達すると予想されます。

窓カバーは、基本的な窓を特定のニーズに合わせてカスタマイズできるようにする窓用装飾品です。大都市圏では気温の上昇に伴い、建物の内部空間を快適に保つために窓用品の使用が必要になっています。ブラインドは、アルミやビニール、木などさまざまな素材で作られたものが販売されています。また、さまざまな色や質感のウィンドウトリートメントアイテムは、世界中の家庭で親しまれています。

これらのアイテムが部屋全体のエネルギー効率を高めるために重要であることは、インテリアデザイナーや消費者にも認識されています。メーカー各社は、時代の流れに合わせ、より優れたエネルギー効率の高いウィンドウトリートメントを開発しています。窓の装飾は必要なだけでなく、現代の住宅デザインに欠かせない要素でもあるのです。住宅や商業施設の需要が世界的に高まっていることが市場を牽引しています。

市場動向

発展途上国における商業施設や住宅の増加が、窓材市場の牽引役となることが期待されています。しかし、原材料の価格高騰が市場の足かせになると予想されます。

発展途上国における商業施設や住宅の増加が、窓カバー市場を牽引すると予想されます。

様々な先進国や新興国における継続的な経済の堅調な拡大や、低金利に支えられた有利な金融取引により、建設業界の平均収入は改善されると推測されます。

北米、アジア太平洋、中東における建設事業の拡大は、堅調な経済状況、より高い信頼性、安価な融資率に後押しされることになるでしょう。例えば、中国のインフラ整備ニーズはスポーツ分野を中心に引き続き伸びると予想されています。また、米国やカナダでは、住宅や商業用建築物の建設が金額・数量ともに堅調に推移することが推測されます。南米・アフリカでは、ブラジルや南アフリカなどの主要国での政策改革により、成長が見込まれています。

窓まわりの装飾品は、素材や色、質感、スタイルなどバリエーションがあり、潜在顧客にとって魅力的な商品です。ワークスペースやホテルなどの社会構造のニーズが高まるにつれ、ブラインドやシェードの需要は今後も増加すると思われます。ブラインドやシェードは、状況に応じて窓を通過する光や熱の量を変えることが可能です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]