タオルラック市場、2021~2028年に年平均成長率10.0%へ到達予測

タオルラック市場は、予測期間2021~2028年に年平均成長率10.0%へ到達すると予測されています。

タオルラックは、タオルを保管または保持するためのラックまたは器具です。加熱式タオルラックは、環境に配慮しながらも乾燥や加温によりタオルを温かく保つことができます。技術やデザインの進歩により、加熱式タオルラックはより一般的になりつつあります。このラックは、現代的なバスルームモデルと調和し、従来のラジエーターよりも美しくなっています。革新的なバスルームモデルに対する需要の高まりが、市場を牽引しています。

市場動向

ヒーター付きタオル掛けなどの技術革新が市場を牽引すると予想されます。しかし、タオルフックやリング、バーなど、より費用対効果の高い代替品の存在が市場を牽引しています。

加熱式タオルラックなどの技術革新

スマートホームビルの増加は、家庭における革新的なバスルームコンセプトにつながり、その結果、加熱式タオルラックのようなタオルラックのイノベーションが増加しています。消費者は、スパのような体験を実現するために、ボタンやセンサーで機能する革新的なビルトイン建具を備えたバスルームを設置する傾向が強くなっています。

2018年、暖話室ドットコムは、ハードワイヤー式タオルウォーマーのコスモポリタン・コレクションとハードワイヤー式Ember輻射パネルのシリーズを発売しました。さらに、2019年1月には、電気タオルウォーマーとラディアントパネル用のコントロールの新ラインアップを発売しました。コレクションは5モデルで、そのうち2モデルがプラグイン式、3モデルがハードワイヤード式です。ハードワイヤードのプログラマブルタイマーとWi-Fiスイッチ、プラグインのWi-Fiスイッチは、これらの新しいコントローラーに含まれています。

さらに、従来の家庭構造を見直すホームセンターやリフォームの増加も市場を後押ししています。Harvard Joint Center for Housing Studiesが調査したAmerican Housing Surveyによると、2017年のホームセンター産業は383,300万米ドルと評価されています。

タオルフック、リング、バーは、快適性、利便性、スタイルを提供する市場にあるタオルラックの費用対効果の高い代替品です。タオルフックは場所を取らず、ドアに直接取り付けることもできます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]