サーマルプリンター市場、2022年~2029年にCAGR5.6%で拡大予測

サーマルプリンターの市場は、予測期間(2022-2029年)に年率5.6%で拡大すると予測されています。

サーマルプリントは、IDラベルやレシートを迅速かつ正確に作成することができる技術です。AIDC技術におけるサーマルプリントは、生産性の向上、ペーパーワークの削減、正確なデータ収集と転送の確保などの理由から需要が高まっています。サーマルプリント技術は、バーコードの印刷において優れた信頼性、速度、精度、品質を備えているため、主にAIDCに採用されています。サーマルプリンターは、インクジェットやドットマトリックスなどの他のプリンターと比較して、小型で耐久性に優れているため産業分野で人気が高まっています。

市場力学

事業者やメーカーにおける模倣品に対する懸念の高まりが、市場を牽引すると予想されています。しかし、投資コストやメンテナンスコストが高いことがサーマルプリンター市場の妨げになっています。

事業者、製造業における偽造に対する懸念の高まりが市場を牽引

偽造は毎年、企業に何百万ドルもの損失を与えています。例えば、GlobalData 2018の調査によると、FMCGの幹部の68%が偽造品の危険性を懸念しており、その内訳はアジア太平洋、北米、ヨーロッパでそれぞれ100%、68%、54%となっています。また、2015年のフォーブスの調査では、多国籍ブランドは偽造品によりトップラインの約10%の収益を失っていると報告されています。

そのため、こうした違法行為に対抗するために、偽造防止ラベルや印刷など、オペレーターやメーカーによるインテリジェントパッケージング技術の活用が進んでいます。偽造防止ラベルや印刷は、セキュリティを新たな頂点に引き上げ、詐欺師が複製することを不可能にするシンプルで低コストの技術です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]