スパウト付きパウチ市場、2022年~2029年のCAGRは8.9%に到達見込み

スパウト付きパウチ市場は、予測期間(2022-2029年)中に年平均成長率8.9%に到達すると予測されています。

スパウト付きパウチは非常に汎用性が高く、簡単にカスタマイズできる柔軟なパッケージです。スパウト付きパウチは現在、カクテル、ガソリンスタンドのスクリーンクリーナー、ベビーフード、エネルギードリンクなどの製品の包装に広く使用されています。スパウト付きパウチは、フルーツジュースや野菜のピューレなど、子供向けの食品に特に選ばれています。注ぎ口は、液体をスムーズに注入・吐出できるように十分な幅があり、かつ使用中にこぼれないように工夫されています。

スパウト付きパウチは現在、硬質プラスチックボトル、プラスチックチューブ、缶に代わる経済的で環境に優しい製品として注目されています。比較的簡単に製造できるため、メーカーと消費者の双方にとって便利であり、消費者の外出先でのライフスタイルに理想的なものとなっています。

市場力学

硬質プラスチックボトル、プラスチックチューブ、缶の経済的かつ持続可能な代替品がスパウト付きパウチ市場を牽引しています。ただし、硬質包装の優位性がスパウト付きパウチ市場の阻害要因になると予想されています。

スパウト付きパウチは、ライフサイクルを通じて持続可能な利点を提供します。また、ガラスやプラスチックボトル、アルミ缶の代替品として製品に使用することができます。また、より少ない材料で製造することができます。例えば、1リットルのスパウト付きパウチは、1リットルのボトルと比較して、重量で68%少ない材料を使用し、53%少ない温室効果ガスを処理し、68%少ない消費後廃棄物を発生させることができます。

さらに、スパウト付きパウチは、同じサイズのリジッドパッケージよりも軽いです。製品対パッケージの比率が高いため製造コストの削減、輸送・流通の効率化、消費者価値の向上などのメリットがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]