機能性化粧品市場、2021~2028年に年平均成長率4.3%で拡大

機能性化粧品市場は、予測期間2021-2028年に年平均成長率4.3%で拡大すると予測されています。

機能性化粧品には、スキンケア、アンチエイジング、ヘアケア製品などがあり、最終的な化粧品の形状、質感、一貫性、香り、送達メカニズムに影響を与える特性を持つ機能性成分を組み込んでいるのが特徴です。機能性成分は、主な皮膚に効果を与え、有効成分の性能を補助することで、市販薬の働きを助ける不活性物質です。界面活性剤、コンディショニング剤、保湿剤、着色剤、香料化合物などが、機能性化粧品によく含まれています。スキンケア製品において、機能性化粧品成分は、活性成分や性能成分を移動させるための担体として考えられることが多いとされています。

市場動力

ヘルスケア分野の急成長と各市場における機能性化粧品の需要は、世界の機能性化粧品市場を牽引する主要な要因として作用しています。しかし、製造が困難であることが、市場の抑制要因になると予想されます。

天然多機能成分への需要の高まり

機能性化粧品とは、化粧品であるスキンケア製品の機能性を向上させるために添加される特殊な化学物質のことです。アンチエイジング剤、角質除去剤、コンディショニング剤、UV剤などの成分は、機能性化粧品に利用される多機能製品の一例です。

天然素材の機能性化粧品は、消費者やメーカーの間で人気が高まっています。環境と健康への意識の高まりは、メーカーと消費者双方の行動に表れているようです。2018年にハンガリーでオンラインアンケートを用いて得られたデータでは、健康や環境に対する意識が、機能性化粧品市場における生産者や消費者の行動の大きなトレンドになると予想されることが明らかにされました。

機能性化粧品における天然多機能成分の利用が拡大している主な理由は、より優れた機能性と1つの製品から得られるメリットです。例えば、UVAとUVBの放射線保護を提供するクリームや髭剃り後の保湿剤は現在、サンダルウッド、ゴマ種子油、ヒマワリ油、ココナッツ油、サフラン、ホホバ油、シアバター、ビタミンE油など、日焼け防止機能を備えたスキンケア効果をもたらす天然の多機能性原料を利用しています。

天然機能性化粧品は、長期的に身体に害を与えないグリーン化粧品成分や、生態系に優しい生産プロセスへの需要が高まっていることから、将来的にはより幅広い種類が増えると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]