採血装置市場、技術の進歩が市場成長を牽引

採血装置は患者の治療において非常に重要です。治療のためにマグネシウム、ナトリウム、塩化物、カリウム、血中尿素窒素、クレアチニン、脂質レベル、血糖値などの代謝の基本成分を測定するための血液サンプルが採取されます。

市場力学

採血装置の進歩が市場成長を牽引

DVA患者から血液サンプルを採取することは、不可能ではないにせよ困難なことです。従来の採血装置では、DVA患者の適切なサンプルを採取できないことが多く、採血に多くの労力を要することになります。そのため、患者の貧血や、看護師や瀉血担当者への血液感染などの危険性があります。

Yarmush研究所の研究により、ロボット採血装置が開発されました。このロボットは、何度も採血するストレスや打撲などの怪我をなくすために作られました。さらに、ラボオンチップ・マイクロフルイディクスを使ってサンプルを分析できるモジュールも備えており、将来、患者が診断結果を受け取るまでの時間を短縮できる可能性があります。

さらに、研究者たちは、近赤外線を使用して静脈を可視化する、軍が開発した初期の採血装置にヒントを得ました。この装置は、深夜に負傷した兵士を助けようとする現場の医師の助けになりました。しかし、赤外線は画像の一部にしか寄与していない。ヤーマッシュの装置では、超音波を利用して3次元データを得ることもできます。このように、予測期間中に市場が牽引されることが予想されます。

制約事項

発展途上国における十分な検査機会の欠如、採血装置の製品リコール、自動採血装置の高コストなどが、予測期間中に市場が阻害される要因として予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]