プロセス安全管理サービス市場、熟練労働者の不足と不適切な予算配分が成長を制限

プロセス安全性とは、プロセス条件の計画外または予期せぬ変化によって発生しうる壊滅的または突発的な事象から財産や人々を保護することを指します。プロセス安全管理サービスを利用することで、健康、安全、環境に関するコンプライアンス要件を体系的に満たすことができます。コンサルティング、監査、トレーニング、認証はプロセス安全管理サービス部門が提供する重要な支援です。プロセス安全サービスプロバイダーは、プロセスに関連するリスクを特定し制御する方法を提供することにより、生産性と信頼性の向上、安全性とセキュリティの改善、および企業全体のパフォーマンスの改善を支援します。

市場力学

産業事故の増加や、それに伴う事故件数の削減要求が、プロセス安全サービス市場を牽引する傾向にあります。しかし、熟練労働者の不足と適切な予算配分が市場の成長を制限しています。

労働災害の増加

現代の産業は、安全な生産よりも最大限の成果と生産効率に重点を置いているため、事故や大惨事の発生件数は年々増加しています。いくつかの変数が頻繁に事故を引き起こし、それぞれが状況に応じて変化します。危険な作業方法と安全でない労働環境の組み合わせや、その両方があります。

データ通り、2018年のEU-27では、310万件の非致死的事故が少なくとも4暦日の休業につながり、3,332件の致死的事故が発生し、致死的事故1件に対して約940件の非致死的事故の比率となりました。EU-27における非致死的労働災害の全体件数は、2017年から2018年にかけて8,137件増加し、0.3%の増加に相当する増加傾向を示しています。2018年のEU-27における死亡労働災害は60件増加し、1.8パーセントの増加に相当しました。男性は女性よりもはるかに多くの労働災害に巻き込まれる可能性がありました。2018年のEU-27における非致死的な労働災害の3件に2件以上(68.4%)の割合で男性が関与していました。

熟練労働者の不足と予算配分

適切な予算配分の欠如と熟練労働者の不足は、重要な市場阻害要因のほんの一部に過ぎません。労働者のスキルは、その危険性にもかかわらず、あらゆる産業プロセスの安全性を確保するために不可欠な役割を果たします。そのため、熟練労働者の不足は、事故の発生を増加させる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]