有機バイオガスの市場、2022年~2029年にCAGR5.4%で成長見込み

有機バイオガスは、有機物が分解されることで自然に生成されるバイオ燃料の一種です。有機物が酸素のない環境にさらされると、混合ガスが放出されます。最も多く排出されるのはメタンですが(炭水化物の有無や量によって50〜75%)二酸化炭素やその他のガスも少量ずつ排出されます。バイオガスの発生は、酸素を使わずに行われるため、嫌気性消化とも呼ばれます。発酵によって有機物が分解され、ゴミだったものがエネルギー源となり、冷暖房や調理に利用したり、燃やせば発電につながります。

バイオディジェスター:容器やタンクなどの密閉された装置で、天然由来の微生物が水で希釈した有機物を分解します。バイオガスを使用する前に通常、汚染物質や水分を除去します。

埋立地からガスを回収するシステムです。バイオガスは、都市ごみ(MSW)が嫌気性条件下の埋立地で分解される際に発生します。パイプや井戸、コンプレッサーなどを使って、中央の回収地点に誘導することができます。

廃水処理場、下水処理場では、下水汚泥から有機物、沈殿物、窒素やリンなどの栄養塩を回収することが可能です。下水汚泥は、さらに処理した後、嫌気性消化槽でバイオガスの原料として利用します。

市場力学

再生可能エネルギー源の導入と人気の高まりは、有機バイオガス市場を高揚させる傾向にあります。さらに、低い生産コストと副産物としての有機肥料の生産も、それぞれの市場の主要な市場要因と見なすことができます。しかし、有機バイオガスの分野では劇的な進歩がないことが、市場の抑制要因となっています。

再生可能エネルギーの世界的な大規模導入

バイオガス事業は現在、極めて小規模なものですが、既存のインフラを利用してバイオガスを利用する場合、幅広いエンドユーザーにクリーンなエネルギーを提供できる可能性があることから、多くの国で注目が高まっています。現在、バイオガスは天然ガス需要の約0.1%を占めていますが、天然ガスネットワークや輸送の脱炭素化に向けて、バイオガスの利用を奨励する政府の取り組みが増えてきています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]