ガソリン発電機市場、2022年~2029年にCAGR3.7%の見込み

ガソリン発電機市場は、予測期間2022年~2029年に年平均成長率3.7%と高成長が見込まれています。

ガソリンエンジンセットまたは発電機セットは、ガソリンを利用して電気エネルギーを生産するエネルギー生成装置です。化学エネルギーを機械エネルギーに変換するエンジンと、機械エネルギーを変換して電気エネルギーを生成するオルタネーターの2つの主要部品から構成されています。ガソリンエンジンは、電力網が整備されていない地域や発展途上地域など、停電が頻繁に起こる場所で使用されます。

ガソリンエンジンの動作原理は、単純な電磁誘導です。発電のプロセスはエンジンから始まり、化学物質であるガソリンを燃焼させて機械エネルギーに変換します。発電された機械エネルギーは、ローターとステーターからなるオルタネーターを回転させるために利用されます。ローターとステーターの間にある磁界を横切ってオルタネーターのローターが回転すると、電磁誘導により電圧が発生します。ステーターは負荷に接続されており、発電された電気はこの負荷を通って接続された機器や系統に流れます。

市場力学

世界中で停電を引き起こす世界的なエネルギー危機は、ガソリン発電機市場の市場ドライバーとして機能します。さらに、鉱業、石油掘削、建設などの産業活動の拡大が市場を促進しています。しかしながら、ガソリンエンジンセットによる環境汚染や温室効果ガス排出に関する懸念が、市場の成長を抑制しています。

世界的なエネルギー危機と広域停電

世界では、エネルギー生産の減少と消費の増加により、極度のエネルギー不足に陥っています。夏の極寒と風不足により、ヨーロッパではエネルギー備蓄が枯渇しています。同地域では同じ理由により、エネルギー価格が21米ドル/メガワットアワーから107米ドル/メガワットアワーへと急激に上昇しています。中国やブラジルなどでも、環境問題や経済的な要因でエネルギーが枯渇している国もあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]