アセトアルデヒド市場、2021~2028年に年平均成長率5.93%で拡大予測

アセトアルデヒド市場は、予測期間2021-2028年に年平均成長率5.93%で拡大すると予測されています。

エタノールまたはアセトアルデヒドは、産業の用途のために広く生産されている有機汎用化学物質です。アセトアルデヒドの最も一般的な用途には、防火塗料、爆薬、合成潤滑油、医薬品などの製造が含まれます。アセトアルデヒドはエタノールの部分酸化により肝臓で生成されるため、ある程度は人体に安全であり、香料や防腐剤の製造に使用されます。

アセトアルデヒドの製造方法は、化学的方法と生化学的方法があり、数多くの製造方法が存在します。アセチレンの水和、ワッカー法、エタノールの脱水素、メタノールのヒドロホルミル化などが代表的な製造方法です。しかし、アセトアルデヒドは毒物として空気中に広く存在し、世界がん研究機関(IARC)により発がん性物質としてグループ1に分類されています。

市場動向

アセトアルデヒドは工業用溶剤として商業的に利用されているため、予測期間中はそれぞれの市場を牽引します。しかしながら、アセトアルデヒドに関連する毒性は、市場の主要な抑制要因となっています。

アセトアルデヒドの工業的用途の拡大

人体への影響にかかわらず、アセトアルデヒドは現代において多くの商業的用途があり、汎用化学物質と見なされています。アセトアルデヒドの主な用途は、染料、防腐剤、ポリエステル樹脂、香水を作る際に利用される多数の化学物質の調合のための中間体としての用途が含まれます。さらに、アセトアルデヒドは、ゴム製造、紙や消毒剤の溶剤としての用途があります。

グローバルトレードセンターが提供する統計データによると、アセトアルデヒドの輸入は2018年の44,146トンから2019年の45,771トンになりました。輸入量は2019年から2020年の間に20%増、2020年には45,989トンに達しました。さらに、天然ゴム生産国協会(ANRPC)によると、2021年11月の天然ゴム生産量は1,388万2,000トンに達し、世界需要1,407万6,000を満たすために2.1%生産が上昇しました。同様に、世界的な需要に対応するために様々な産業分野での生産が増加し、産業分野で利用される主要原料であるアセトアルデヒドの需要および生産も世界的に急増しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]