化粧品用ボトル市場、2021~2028年に年平均成長率2.9%で成長予測

化粧品用ボトルの市場は、予測期間(2021-2028年)に年平均成長率2.9%の高成長が予測されています。

化粧品用ボトルは、他の包装タイプに比べて耐久性があり取り扱いが簡単です。メーカーは、低い製造コストと豊富な種類のために、化粧品パッケージのためのプラスチックボトルを支持しています。パーソナルケア事業で使用されるため、生態系の問題や人体への影響に配慮しています。メーカーは厳密に政府の厳しいガイドラインを遵守しています。

市場動向

特にプラスチックの化粧用ボトルの費用対効果と耐久性が市場を牽引すると予想されています。しかし、代替品が世界の化粧品ボトル市場の妨げになる可能性が高いです。

化粧品ボトル、プラスチックボトルの費用対効果や耐久性

化粧品ボトルは、コストパフォーマンスと耐久性に優れているため、同種の製品よりも効率的な包装材といえます。包装にかかる費用を最小限に抑えることができるため、化粧品ビジネスでの活用が進んでいます。メーカーは、生態系への影響を懸念し、プラスチック容器をより安全にするための工程に注力してきました。

また、再利用が化粧品事業におけるプラスチックボトルの開発を拡大させています。ペットボトルは、パーソナルケアアイテムの包装方法として好まれてきました。2021年6月、ロレアルは、ビオテルムが、カルビオスの酵素技術によって完全にリサイクルされたプラスチックで作られたボトルを同社のブランドの中で初めて発売することを発表しました。開発された技術は、あらゆる種類のPETに適しており、これらのプラスチックを無期限にリサイクルできるようにします。ロレアルは2017年に初めてカルビオス社とコンソーシアムを立ち上げ、革新的なプラスチックリサイクルソリューションの開発を促進しています。

複数の代替品の存在が化粧品ボトル市場拡大の妨げ

化粧品ボトルの代替品としては、チューブ、ジャー、コンテナ、ブリスター&ストリップパック、エアゾール缶、フォールディングカートンなど、様々なものが市場に出回っています。それらの中には、化粧品ボトルよりも安価で、効率的なものもあります。エアゾール缶は、スプレー式の利点と気密性の高さから、化粧品包装会社で広く使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]