アルミニウム製エアゾール缶市場、2021~2028年に年平均成長率6.0%で成長予測

アルミニウム製エアゾール缶市場は、予測期間(2021~2028年)に年平均成長率6.0%で推移すると予測されています。

エアゾール容器は、金属やプラスチックで作られており、霧や泡のような流体物質を噴出することを目的としています。この容器には、ペイロードと、ホルダーのバルブが開くとペイロードを放出するのに役立つ張力下の推進剤が含まれています。

エアゾール容器は、ホルダー、アクチュエーター、バルブの3つの重要な部品で構成されています。アクチュエーターが絞られるとバルブが開きます。

アルミニウム製エアゾール缶は、純度99.5%のアルミ板を使用した効果発散方式で製造されています。アルミエアゾール容器メーカー世界機構(AEROBAL)が配布した報告書によると、エアゾール缶市場は2016年に前年比3%増、約550万個のアルミジャーを全世界的に作成しました。再生可能で持続可能な性質が、アルミニウム製エアゾール缶の市場を牽引しています。しかし、アルミニウム包装へのシフトは、エネルギー集約的で環境破壊的なバージンアルミニウムの需要増を生み出します。

製品やサービスが環境に与える影響への関心が高まり、消費者の購買に対する見方が変化しています。Nielson Holdings社のレポートによると、世界の消費者の81%が、企業は環境を改善するための手段を講じるべきだと考えているとのことです。アルミニウムの環境に対する魅力は、主にそのリサイクル性の高さによるものです。アルミニウムは100%リサイクル可能であることに加え、品質を大きく落とすことなく定期的にリサイクルすることができます。

食品用プラスチックの多くは、リサイクルのたびに品質が低下するため、「ダウンサイクル」と呼ばれます。例えば、アルミニウム協会によると、これまでに生産されたアルミニウムの75%近くが現在も使用されています。プラスチックは生産量のわずか9%しかリサイクルされていません。また、アルミニウムはプラスチックのように複雑な分別が必要ないため、比較的簡単にリサイクルすることができます。アルミニウムのリサイクル工程で消費されるエネルギーはプラスチックに比べて大幅に少なく、リサイクルコストの低減と二酸化炭素排出量の削減につながります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]