装飾紙市場、2022年~2029年にCAGR5.6%に到達見込み

装飾紙市場は、予測期間(2022-2029年)に年率5.6%に到達すると予測されています。

装飾紙は、特に木製の素材に高品質な仕上げを施すために使用される特殊紙です。装飾紙は、そのまま使用される場合とデザインが印刷されたものがあります。装飾紙は主に広葉樹のセルロースを用いて製造されます。そのため、吸水性が高く含浸に非常に適しています。家具の表面や床材、パネル材としても使用されます。

・耐光性があり、化学的に不活性な装飾紙の需要増

主な用途としては、耐摩耗性ラミネートフローリングが挙げられます。また、木工市場における製品の認証・規格基準の変更は、国によって異なります。

市場力学

特殊紙の普及拡大は、様々な種類の装飾紙の発売に拍車をかける重要な傾向であり、その結果、市場を牽引しています。しかし、高い製造コストとメンテナンスが市場の妨げになると予想されています。

・特殊紙の普及拡大が、さまざまな種類の装飾紙の発売を促進する主要な傾向

装飾紙は、家具、ラミネート床材、内外装パネルなど、木質系基材の表面改質を可能にします。特殊紙の普及拡大が、さまざまな種類の装飾紙の発売を促進する主なトレンドとなっています。

住宅のリフォームや家具作りが盛んなことも、装飾紙を後押ししています。特に、木製のラミネートフローリングは住宅消費者層の間で大きな人気を集めています。

木工市場も拡大しています。長年にわたり、顧客は家具の美観を意識するようになりました。木質系パネルの需要は、価格の低下と手頃な価格で入手できる家具デザインの拡大を背景に力強さを増しています。

高圧ラミネートなどの木質床材用途で装飾紙の需要が大幅に増加していることも、装飾紙市場の見通しに拍車をかけています。例えば、Ahlstrom-Munksjö社は、色のキャリアとして機能し、装飾印刷や含浸時の樹脂飽和に優れた特性を発揮する装飾紙を開発しました。この紙は、特に高圧ラミネート(HPL)および低圧ラミネート(LPL)用途や印刷原紙、含浸前紙として利用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]