バイオフォトニクスの市場、2022年~2029年のCAGRは11.7%で推移予測

バイオフォトニクスの市場は、予測期間(2022-2029年)において年平均成長率11.7%で推移すると予測されています。これは生命科学や医療で重要な役割を果たす光技術を扱う新しい学際的研究分野です。

市場力学

バイオフォトニクスの市場の成長要因

・高齢者人口の増加

・細胞・組織診断におけるバイオフォトニクスの利用拡大

・バイオフォトニクスにおけるナノテクノロジーの出現

・新規光音響トモグラフィ(PAT)システムの開発 

生物学の研究は、細胞レベルからウイルス、タンパク質や核酸などの細胞構成成分に移行しています。これらの成分を調べるためのツールも同じスケールで動作させる必要があり、マイクロスケールからナノスケールへと焦点が移ってきています。その結果、ナノテクノロジーは、生物学的プロセスのイメージングや生物学的材料の分析に応用されるようになりました。

金や鉄のナノ粒子は、生物医学イメージングに使用されています。ロチェスター大学の研究者は、金ナノ粒子を光ファイバーの先端に付けてアンテナとして使用し、細胞膜にある標識タンパク質の蛍光を増強しています。また、金ナノ粒子はレーザーとともに、がん細胞を破壊するためにも使われています。それに比べ、シリカナノ粒子は金ナノ粒子よりも毒性が低く、特定の病原体や腫瘍に照準を合わせることができます。

このナノ粒子は、化学療法薬を腫瘍に直接運ぶことができるため、化学療法薬が体に及ぼす有害な影響を軽減することができます。人工マーカーの改良によるナノテクノロジーに関するバイオフォトニクスの利点の増大は、市場を牽引すると予想されます。

欠点は、蛍光信号の強度情報しか取得できないことです。したがってこの方法は、励起光の変動、腫瘍からのプローブの距離、システムのパラメータに敏感です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]