ホルモン性不妊症市場、有病率の増加が市場を牽引

ホルモン性不妊症とは、ホルモンの減少やバランスの乱れが自然に起こり、身体的、精神的、感情的な問題を引き起こす状態を指します。性行為があり、避妊薬を服用せずに丸1年以上妊娠を試みても成功しないことを指します。女性に原因がある場合は、女性不妊症と呼ばれます。

市場力学

ホルモン性不妊症市場の成長は、世界的な生殖ホルモン疾患の有病率の上昇と新興市場が要因となっています。アルコール、薬物使用、避妊薬使用の増加、女性の生殖に関する健康への意識の高まりもホルモン性不妊症市場を後押ししています。

・ホルモン性疾患の有病率の上昇と相まって、パイプライン医薬品が市場成長を牽引

ホルモンレベルの変動に伴う症例の増加がホルモン性不妊症市場を牽引 女性のホルモン性不妊症は、月経不順や無月経、LHやFSHのレベル低下、生殖器(卵管、子宮、子宮頸部など)の損傷、病気(腫瘍、嚢胞、性病、先天性障害など)、ストレス、アルコール・薬物の使用などの原因が挙げられ、ホルモン性不妊症市場を押し上げると考えられています。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、妊娠可能な年齢(15~49歳)の女性が罹患する一般的なホルモン内分泌疾患である。米国疾病対策予防センター(CDC)によると、PCOSは女性不妊症の最も一般的な原因となっています。

また、2019年9月に発表された研究によると、青年期の多嚢胞性卵巣症候群の有病率は、ロッテルダム基準に基づくと11.04%、国立衛生研究所基準に基づくと3.39%、アンドロゲン過剰と多嚢胞性卵巣症候群学会に基づくと8.03%であると世界で判明しているそうです。企業は市場のアンメットニーズに注目し、機会を活用するためにパイプラインの強化に取り組んでいます。これらの強力なパイプラインの商業化は、市場の成長を推進すると期待されます。例えば、女性の健康に関する新規治療法に焦点を当てた臨床段階の医薬品開発企業であるForendo Pharma社は、現在、HSD17B5阻害剤の分子をパイプラインに有しています。この酵素は、PCOS患者の脂肪組織で過剰発現しています。このような開発は、予測期間中に市場を押し上げると期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]