麦芽飲料市場、2022年~2029年にCAGR4.0%で成長見込み

麦芽飲料市場は予測期間中(2022-2029年)に年率4.0%の高成長が見込まれています。

麦芽飲料は、麦芽ホップや大麦を発酵させて作られます。その他の穀物、未麦芽、麦芽、その他多くの炭水化物も含まれます。これらの製品は、消費に適した様々な食品によって味付けされることもあります。ドリンクにはアルコールが含まれていたり、アルコールが除去されていたりすることもあります。麦芽には、ビタミンB、多数のミネラル、特定のタンパク質と食物繊維が含まれています。麦芽は砂糖のように部分的に甘く、通常より健康的な代替甘味料として利用されます。穀類は一般的に、脱水、加熱、乾燥粉末化された後、発芽のために水に入れられます。

市場動向

麦芽飲料市場は、フレーバー飲料やドリンクに対する顧客志向の高まりにより、大きな成長を遂げています。健康志向の購買者の増加は、主に世界各地の有機麦芽飲料市場の需要を促進しています。さらに、飲料に風味を加えるために有機麦芽を利用することも、市場の成長を促進すると予想されます。スーパーマーケット/ハイパーマーケット、小売店、オンラインストア、コンビニエンスストアでフレーバー付き麦芽飲料を簡単に入手できることも、麦芽飲料市場の成長を高めると予想されます。しかし、麦芽および麦芽飲料の価格が高く変動していることが、予測期間中の市場成長の妨げになる見込みです。

市場細分化

用途別では、2020年の世界の麦芽飲料市場においてアルコールセグメントが60%以上の最大の市場シェアを占めており、予測期間中も用途別セグメントで優位に立つと予想されます。この需要は、英国、ドイツ、米国などを含むいくつかの先進国および地域において、ビールやワインなどの麦芽飲料が大規模に消費されていることに起因しています。

地理的浸透度

地域別では、欧州が2020年に最大のシェアを占め、同地域におけるアルコール飲料および非アルコール飲料の消費量の大幅な増加により、予測年内に地域市場を支配するものと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]