アーユルベーダ食品市場、2022年~2029年のCAGRは15.62%で成長予測

アーユルベーダ食品市場は予測期間(2022年~2029年)に15.62%の高いCAGRに到達すると予想されます。

アーユルベーダは古代インドの医学体系で、スリランカ、インド、ネパールでは医療行為であると信じられています。アーユルベーダ食品では、原産地といった食品の基本的な品質も考慮されます。

アーユルベーダ料理は純粋・植物が主体・栄養価が高い・季節感のある・新鮮な消化がよい地元に根ざしたものです。市場の新たなトレンドとして、オンライン取引と電子商取引が増加しています。

市場力学

・ベジタリアン志向の高まりと健康効果に関する認知度の上昇

ベジタリアンや植物性食品を使った食事への人気と需要の高まりが、アーユルベーダ食品市場の成長に影響を与えています。ベジタリアン食に関連する健康、環境や動物に対する意識の高まりも市場成長を促進する要因です

菜食主義はライフスタイルに変容し、注目されています。

紅茶、フルーツジュース、スナック、ドライフルーツなどのアーユルベーダ食品の採用や購入に好影響を与えています。生産者はこのような需要の高まりに対応するため、世界中の最大規模の市場を獲得するのに役立つ革新的な製品を導入しています。

オンライン取引や電子商取引の増加も注目されています。多くのアーユルベーダ食品企業がインターネットに精通した買い物客に取り組み、サービスを提供するためにオンライン小売プラットフォームを活用すると見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]