患者体液状態モニター機器市場、2022年~2029年のCAGRは8.32%と予測

患者体液状態モニター機器市場は、予測期間(2022年-2029年)においてCAGR8.32%で予測されています。

患者体液状態モニター機器とは、患者の水分補給を測定し、患者が脱水状態か水分保持状態かを臨床の場で判断する装置です。臨床医は、体液量の状態を評価することで、心不全患者の治療レジメンと水分補給を最適化することができます。高血圧患者やESRD患者の治療にも採用されています。

市場力学

体内水分量を診断するための医療機器における市場関係者の技術革新が、予測期間中の牽引役となることが期待されます。

イスラエルに本拠を置くSensible Medical Innovations社は、肺液管理の新たな標準治療を開発しました。センシブルは、防衛シースルー壁の応用から医療用レーダー技術「ReDS」を開発しました。この技術は、幅広い用途でゲームチェンジャーとなり、次世代のモニタリングおよびイメージングモダリティとなる可能性を十分に秘めています。

さらに、センシブル・メディカル・イノベーションズの非侵襲性胸水モニターは、FDA 510(k) クリアランスを取得しました。センシブル社の製品は、心不全患者、利尿剤服用患者、冠動脈疾患関連事故からの回復者など、体液管理に問題のある患者の追跡と管理を目的としています。この製品は、病院や病院と同様の施設、家庭において、医師の監督下で熟練した医療従事者や患者が使用することを想定しています。したがって、上記の記述から、予測期間中に市場が牽引されることが期待されます。

制約事項

機器の高コスト、有資格の専門家の不足、プロセス中の機械のエラーは、市場が予測期間中に阻害されると予想される要因の一部です。

非侵襲性セグメントは、入院患者の体液状態モニター機器市場で最大の市場シェアを占めると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]