バイオアクティブ創傷ケア市場、費用の高さが市場を抑制する見通し

創傷は皮膚の上皮内層や粘膜を破壊し、熱的または物理的な損傷を引き起こすものです。バイオアクティブ創傷ケアでは、アルギン酸塩のドレッシングやパッドが傷の治癒を助け、さらなる汚染や損傷を防ぐために適用されます。創傷に直接触れるように設計されている点で、標準的な包帯とは異なります。

市場力学

・技術的進歩は、予測期間において世界のバイオアクティブ創傷ケア市場を牽引

創傷は、手術、怪我、外来因子(圧力、火傷、切り傷など)、または糖尿病や血管疾患などの病的状態などの要因で引き起こされます。これらの損傷は、その根本的な原因や結果によって、急性創傷と慢性創傷に分類されます。急性創傷は通常、体系的かつ適切に治癒し、解剖学的および機能的な完全性を長期的に回復させることができます。

エッセンシャルオイル、抗生物質、天然抗酸化剤などの送達可能な生物活性化合物は、創傷微小環境との相互作用を刺激し、抗菌、抗真菌、防腐作用を通じて治療作用を強化することができます。合成高分子や天然素材を用いた創傷被覆材は、フィルムキャスティング、エレクトロスピニング、自己組織化、凍結乾燥、エマルジョン、マイクロスフィア注入など製造技術が用いられています。

・創傷治療にかかる費用の高さが、バイオアクティブ創傷ケアの世界市場の妨げ

創傷ケアは高額で、メディケア患者だけでも年間281億米ドルもの費用がかかります。創傷のある患者は、創傷治癒を阻害する複数の併存疾患を抱えていることが多いため、治療が困難な場合があります。米国は世界人口の2%を占めています。控えめに見積もっても、これらの創傷のケアにかかる費用は年間500億米ドルを超えます。これは世界保健機関の年間予算の10倍に相当します。慢性創傷の有病率は心不全に匹敵しますが、これらの患者の転帰や受けた治療の相対的な有効性はほとんどありません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]