耐摩耗性塗料の市場、2022年~2029年のCAGRは7.9%で推移予測

耐摩耗性塗料の市場は、予測期間(2022-2029年)に年平均成長率7.9%で推移すると予測されています。

耐摩耗性塗料やドライフィルムは、オイルやグリスと相性が悪い場面で使用されます。コーティングは時間の経過とともに変化しないため、一般的な湿式潤滑油の添加剤として活用することもできます。耐摩耗性塗料の多くは、高温、高荷重、磨耗の激しい過酷な環境下で優れた性能を発揮します。

摩擦や摩耗を抑え部品の故障をなくし、潤滑間隔を長くし生産コストや運用コストを下げることで、摩擦防止コーティングは安全性、信頼性、性能の向上に寄与しています。耐摩耗性塗料は、処理する部品の性質や要求される表面仕上げに応じて、スプレー、浸漬、塗料、スプレードラムや遠心分離機の使用により行われます。その方法は、部品の形状、大きさ、重量、数量によって異なります。

効率的な潤滑ソリューションへの需要の高まり

スマートフォンから家電製品、自動車、トラクター、航空機に至るまで、多くの部品は、複数の部品が複雑に組み合わさって製造されています。また、圧力、温度、速度などの環境条件も厳しい場合があります。

このような高度な機械の性能を維持するためには、表面同士が接触したときに起こる劣化やトラブルを防ぐ、効率的な潤滑ソリューションが重要です。潤滑は、望ましくない相互作用を防ぐあるいは少なくとも減らすためのソリューションです。しかし、過酷な条件下では従来の液体オイルやグリスでは対応できません。このような場合、耐摩耗性塗料を使用します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]