スマートクラスルーム市場、2022年~2029年にCAGR17.4%で推移予測

スマートクラスルームの市場は、予測期間内(2022-2029年)に年平均成長率17.4%で推移すると予測されています。スマートクラスルームとは、技術的に装備された教室で、幅広い教育・学習アプローチを提供するものです。一部のツールは、教師がオンライン授業を計画したり、参考のために保存したりすることを支援します。

ツールは教師が将来参照するためにオンラインクラスを計画したり、保存したりするのを助けることができます。スマートクラスルームでは、コンピュータ、プロジェクター、スピーカー、マイク、スクリーンなどの物理的な資産、コンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)が使用されています。

市場力学

・教育機関でデジタル学習の導入が進んでいることから市場シェアが驚異的に向上

・eラーニングの導入と無停電インターネット接続は、スマートクラスルームの市場に価値を与える重要な要因

教師は現在、スマートクラスルームやデジタルツールにアクセスしやすくなり、職員や教育関係者に実際の文化的な教材を提供することができるようになりました。テクノロジーを使った授業は、さまざまな意味で教育・学習環境を変えます。さらに、テクノロジーは通常の教育カリキュラムに統合され、生徒の教え方も変化しています。

クラスルームでのやりとりにはすべて暗黙の権力階層があります。教師、インターネットに接続されたコンピュータ・ステーション、マルチメディア・デジタル・プロジェクター、コンピュータのためのより良い音響機能、これらすべてがデジタルスマートクラスルームの一部なのです。教育現場の個々のニーズに応じて、他のデジタル技術をこの配置に追加することも可能です。

デジタルスマートクラスルーム という言葉は、ある種の社会的活動を刺激し促進するようにデザインされ、同時に人々がこれらの相互作用の可能性を再形成し再現することを可能にするセッティングの一種を指します。このように、デジタル学習プラットフォームの特徴は、スマートクラスルームがエンドユーザーによって採用される大きなチャンスを生み出しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]