CAEL-101、アミロイド軽鎖アミロイドーシスを対象に第3相臨床試験が進行中

概要

CAEL-101はフィブリル反応性モノクローナル抗体(mAb)であり、現在、アミロイド軽鎖アミロイドーシスを対象とした第3相臨床試験が実施されています。CARES(Cardiac Amyloid Reaching for Extended Survival)臨床プログラムには、2つの並行した第3相試験(1つはメイヨー病期IIIa病変患者向け、もう1つはメイヨー病期IIIb病変患者向け)が含まれており、全世界で合計約370名の患者が登録される予定です。両試験ともに登録は進行中です。

ALアミロイドーシスの市場シナリオは、世界中で実施されている広範な研究と医療費の増加により今後数年間で変化すると予想されています。市場規模は拡大し、医薬品メーカーの市場への浸透が可能になる見込みです。 

企業と学術関係者は、課題を評価し、CAEL-101の優位性に影響を与える可能性のある市場機会を模索しています。開発中の治療薬は、病状を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

ALアミロイドーシスを対象とした他の新製品は、CAEL-101に市場競争力を与えており、近い将来、開発後期の新興治療薬が発売されれば、市場に大きな影響を与えることが考えられます。

CAEL-101市場は、地域別に、米国、EU主要5ヵ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本の7大市場に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]