A4250:胆道閉鎖症、アラジール症候群など小児の胆汁性肝疾患の治療目的に開発中

概要

A4250(オデビキシバト)は、強力な非全身性胆汁酸輸送阻害剤(IBATi)です。Albireoは、進行性家族性肝内胆汁症、胆道閉鎖症、アラジール症候群を含む希少な小児の胆汁性肝疾患の治療を目的として、オデビキシバトを開発しています。正常な状態では、肝機能を助けるために肝臓から胆管に放出された胆汁酸の約95%は、腸肝循環と呼ばれるプロセスでIBATを介して肝臓に再循環されます。胆汁性肝疾患では、胆汁の流れが阻害され、肝臓や血清中に有害な胆汁酸が蓄積されます。したがって、IBATを阻害することができる製品は、肝臓への胆汁酸の戻りを抑制することができ、胆汁性肝疾患の治療に有望なアプローチとなる可能性があります。

今後数年間で、アラジール症候群の市場シナリオは、世界中の広範な研究と医療費の増加により変化すると予想されています。 

企業と研究者は、課題を評価し、A4250の優位性に影響を与える可能性のある市場機会を模索しています。開発中の治療薬は、疾患状態を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

アラジール症候群を対象とした他の新製品がA4250と市場競争を繰り広げており、近い将来、後期の新製品が発売されれば、市場に大きな影響を与えることになるでしょう。

A4250市場は、地域別に米国、EU主要5ヵ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本の7大市場に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]