ISATUXIMAB:多発性骨髄腫治療のためのモノクローナル抗体薬

概要

イサツキシマブは「サークリサ」という商品名で販売されている、多発性骨髄腫治療のためのモノクローナル抗体薬です。主な副作用としては、好中球減少、輸液反応、肺炎、上気道感染症、下痢、気管支炎などがあります。現在、ALアミロイドーシスの第Ⅱ相開発段階にあります。

ALアミロイドーシスの市場シナリオは、広範な研究と医療費の増加により、今後数年間で変化すると予想されております。これにより市場規模は拡大し、医薬品メーカーはより多くの市場参入を可能にします。企業と学術関係者は、課題を評価し、イサツキシマブの優位性に影響を与える可能性のある市場機会を模索しています。開発中の治療薬は、疾患状態を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

ALアミロイドーシスを対象とした他の新製品は、イサツキシマブに市場競争力を与えており、近い将来、開発後期の新興治療薬が発売されれば、市場に大きな影響を与えることになります。

イサツキシマブ市場は、地域別に、米国、EU主要5ヵ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本の7大市場に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]