BENRALIZUMAB:重度の好酸球性喘息の維持療法として承認 慢性自発性じんま疹にも有用性

概要

Fasenra(BENRALIZUMAB)は、好酸球上のIL-5受容体αに直接結合し、ナチュラルキラー細胞を惹きつけて、アポトーシス(プログラムされた細胞死)を介して好酸球を迅速かつ完全に枯渇させるモノクローナル抗体です。Fasenraは、アストラゼネカ社初の呼吸器用生物学的製剤であり、現在、米国、EU、日本およびその他の国で、重度の好酸球性喘息の維持療法として承認されており、現在、さらなる審査が行われています。米国では、Fasenraはファセンラペン(プレフィルドオートインジェクター)での自己投与が承認されています。EUでは、Fasenraは単回使用のプレフィルドシリンジまたはファセンラペンのいずれかでの自己投与が承認されています。Fasenraはアストラゼネカ社が開発し、協和キリン株式会社の100%子会社であるバイオワ社(日本)からライセンス供与を受けています。

慢性自発性じんま疹に対しても効果が認められており、市場シナリオは、広範な研究と医療費の増加により今後数年間で変化し、市場規模が拡大し、医薬品メーカーが市場に参入できるようになると期待されています。 

企業や研究者は、BENRALIZUMABの優位性に影響を与える可能性のある課題を評価し、市場機会を模索しています。開発中の治療法は、疾患状態を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

慢性自発性じんま疹を対象とした他の新製品は、BENRALIZUMABと市場競争を繰り広げており、近い将来、開発後期の新製品が発売されれば、市場に大きな影響を与えることになります。

BENRALIZUMAB市場は、地域別に、米国、EU主要5ヵ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本の7大市場に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]