IBREXAFUNGERP:カンジダ症治療薬 多剤耐性(MDR)種に対しても活性を示す

概要

IBREXAFUNGERP(旧SCY-078)は、構造的に異なるグルカン合成酵素阻害剤であるトリテルペノイドの新規クラスの最初の代表的な薬剤です。本剤は、アスペルギルス属およびカンジダ属に対して活性を示しており、多剤耐性(MDR)種であるカンジダ・アウリスやニューモシスティスに対しても活性を示しています。IBREXAFUNGERPは、グルカン合成酵素阻害剤の確立された活性と、経口および静脈内投与の柔軟性を兼ね備えており、入院、外来も含めたさまざまな環境の患者に対して、幅広い使用を可能にします。

カンジダミアの市場シナリオは、世界中での広範な研究と医療費の増加により、今後数年の間に変化すると考えられています。企業と研究者は、課題を評価し、IBREXAFUNGERPの優位性に影響を与える可能性のある市場機会を模索するために取り組んでいます。開発中の治療法は、病状を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

また、カンジダ血症を対象とした他の新製品がIBREXAFUNGERPに市場競争力を与えており、近い将来、開発後期の新製品が発売されれば、市場に大きな影響を与えることになります。

IBREXAFUNGERP市場は、地域別に、米国、EU主要5ヵ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本の7大市場に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]