FOSMANOGEPIX:広汎性抗真菌剤 生命を脅かす真菌感染症患者を対象に臨床試験を実施

概要

Fosmanogepixは、新規の広汎性抗真菌剤であり、生命を脅かす真菌感染症患者を対象に複数の臨床試験が実施されています。最近、カンジダ感染症を対象としたFosmanogepixの静脈内投与製剤と経口投与製剤の安全性と有効性を評価する第2相試験の登録が完了しました。この試験で、Fosmanogepixは最初の治療を受けた10人の患者で高い治療効果を示しました。アスペルギルス菌やその他のカビ感染症の患者を対象としたFosmanogepixの追加の第2相試験が進行中であり、また、多剤耐性カンジダ菌による感染症も対象としています。

Fosmanogepixは新規の作用機序を有しており、その活性部位は、C. aurisやC. glabrataなどの多剤耐性菌を含む一般的なカンジダ属やアスペルギルス属の菌種に加え、Fusarium、Scedosporium、Mucorales目の一部の真菌を含む希少な難治性カビに対しても幅広い範囲で活性を示しています。侵入性真菌感染症は、標準的な治療にもかかわらず、30%から80%の高い死亡率をもたらします。アゾール系薬剤とエキノカンジン系薬剤の両方に耐性を持つ真菌の頻度が増加しており、新しい広範な抗真菌剤に対する医療上の大きなアンメットニーズがあります。

Fosmanogepixは、米国食品医薬品局(FDA)から7つの適応症でファストトラックおよび希少疾病用医薬品の指定を受けており、4つの適応症ではQualified Infectious Disease Product(QIDP)に指定されています。

今後数年で、カンジダミアの市場シナリオは、世界中での広範な研究と医療費の増加により変化すると予想されています。企業と学術関係者は、Fosmanogepixの優位性に影響を与える可能性のある課題を評価し、市場機会を模索しています。開発中の治療薬は、疾患状態を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

また、カンジダミアを対象とした他の新薬は、Fosmanogepixと市場競争を繰り広げており、近い将来、開発後期の新薬が上市されれば、市場に大きな影響を与えることになります。

Fosmanogepix市場は、地域別に、米国、EU主要5ヵ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本に、分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]