FENEBRUTINIB:慢性自発性じんま疹治療薬 自己免疫疾患に見られるB細胞の増殖を阻害

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「FENEBRUTINIB:新しい慢性特発性蕁麻疹治療薬の分析・市場予測 (~2030年)」 (DelveInsight Business Research LLP) の販売を1月*日より開始いたしました。

フェネブルチニブ(GDC-0853、RG7845)は、ブルトンチロシンキナーゼ(BTK)阻害剤であり、自己免疫疾患に見られるB細胞の増殖とそれに伴う過剰な免疫反応を阻害することを目的としています。

慢性自発性じんま疹の市場シナリオは、世界中での広範な研究と医療費の増加により、今後数年の間に変化すると考えられています。企業と学術関係者は、課題を評価し、フェネブルチニブの優位性に影響を与える可能性のある市場機会を模索しています。開発中の治療法は、疾患状態を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

慢性自発性じんま疹を対象とした他の新製品がフェネブルチニブと競合しており、近い将来、開発後期の新製品が発売されれば、市場に大きな影響を与えることが見込まれます。

フェネブルチニブ市場は、地域別に、米国、EU主要5ヵ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本の7大市場に、分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]