レザファンギン:エキノカンジン系薬剤の一種で、抗真菌薬の中で最も安全なカンジダ症治療薬

概要

Cidaraにより開発されたレザファンギンは、カンジダ症および侵襲性カンジダ症など重篤な真菌感染症を、週1回の投与により、治療もしくは予防する新規エキノカンジン製剤です。レザファンギンの構造と特性は、臨床的に有効性が確認されているメカニズムを改良することで、患者に対する有効性と安全性を高めています。レザファンギンはエキノカンジン系薬剤の一種です。エキノカンジンは、入手可能な抗真菌薬の中で最も安全性が高いと考えられており、米国感染症学会(IDSA)により真菌感染症の第一選択治療薬として推奨されています。レザファンギンの構造と特性は、エキノカンジン系抗真菌薬の安全性を維持しつつ、薬物動態学的・薬力学的特性を高めるために精密に改良されています。そのため、薬剤耐性菌にも対応でき、持続性の高い次世代の治療薬・予防薬となっています。

レザファンギンは、カンジダ症および侵襲性カンジダ症の治療、ならびに同種造血幹細胞移植を受けている成人への侵襲性真菌感染症の予防に効能・効果を持ちます。そのため、米国食品医薬品局(FDA)は、レザファンギンをQualified Infectious Disease Product(QIDP)およびFast Track Product(Fast Track Product)に指定しています。また、FDAはレザファンギンを治療適応症として希少疾病用医薬品に指定しています。

世界中での広範な研究と医療費の増加により、カンジダミアの市場シナリオは、今後数年の間に変化すると予想されています。企業や研究者は、課題を評価し、レザファンギンの優位性に影響を与える可能性のある市場機会を模索しています。開発中の治療薬は、疾患状態を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

また、カンジダ症を対象にした他の新製品がレザファンギンと市場競争を繰り広げています。近い将来、開発後期の新製品が発売されれば、市場に大きな影響を与えるでしょう。

同市場は、地域別に、米国、EU主要5ヵ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本の7大市場に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]