慢性自発性じんま疹治療薬UB-221:結合親和性はゾレア(Xolair)の8倍、効果的に遊離IgEを中和

概要

UB-221は、IgEを標的としたヒト化IgG1モノクローナル抗体(mAb)で、遊離IgEを中和しB細胞上のCD23を介してIgE合成を抑制します。

UB-221は遊離IgEを中和するだけでなく、ゾレア(Xolair)が達成できないIgE合成のダウンレギュレーションも行います。LUB-221は、ゾレアの8倍の結合親和性で、効果的に遊離IgEを中和することが出来ます。サルによるLUB-221の研究では、UB-221の血清半減期はゾレアの2倍になります。

今後数年の間に、慢性自発性じんま疹の市場シナリオは、世界中での広範な研究と医療費の増加により変化するでしょう。医薬品メーカーは、より多くの市場への浸透を可能にするために市場規模を拡大することになります。企業と研究者は、課題を評価し、UB-221の優位性に影響を与える可能性のある市場機会を模索するために取り組んでいます。開発中の治療法は、病状を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

慢性自発性じんま疹に対するその他の新製品は、UB-221に市場競争力を与えており、近い将来開発後期の新製品が発売されれば、市場に大きな影響を与えることが予測されます。

市場は、地域別に、米国、EU主要5ヵ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本の7大市場に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]