テリパラチド:閉経後の女性など骨粗鬆症の治療に使用

テリパラチド 概要

テリパラチド(遺伝子組換えヒト副甲状腺ホルモン)は、Eli Lilly and Companyが製造・販売している骨粗鬆症の治療に使用される強力な同化剤です。骨折のリスクが高い男性や閉経後の女性の骨粗鬆症の治療に使用されます。また、骨折のリスクが高い原発性骨粗鬆症または性腺下垂体性骨粗鬆症の男性の骨量を増やすためにも使用されます。テリパラチドは、ヒト副甲状腺ホルモン(PTH)の一部であり、アミノ酸配列1から84を含む完全な分子のアミノ酸配列1から34です。内因性PTHは、骨および腎臓におけるカルシウムやリン酸塩代謝の主要な調節因子です。テリパラチドを毎日注射することで、骨密度の増加につながる新しい骨形成を刺激します。

テリパラチドのバイオシミラー 市販薬

ボンシテイ: Pfenex

ボンシテイ(一般名:テリパラチド)は、副甲状腺ホルモンアナログ(PTH 1-34)であり、骨折リスクの高い特定の患者における骨粗鬆症の治療を適応症としています。

米国では、505(b)規制に基づき、フォルテオ(テリパラチド注射剤)を基準薬として承認を取得しています。適応症は、骨折のリスクが高い骨粗鬆症の閉経後女性の治療、骨折のリスクが高い原発性骨粗鬆症または低性骨粗鬆症の男性の骨量増加、骨折リスクの高い全身性グルココルチコイド持続療法に伴う骨粗鬆症の男女の治療などがあります。

テリパラチドの主要プレーヤー

テリパラチドの治療法を開発している主要企業は約10社以上あります。

2020年6月、Pfenexは、商業化パートナーであるAlvogenがテリパラチド注射剤を米国で発売したことを発表しました。テリパラチド注射剤(PF708、ボンシティとも呼ばれる)は、骨折のリスクが高い骨粗鬆症の閉経後女性を含むいくつかの用途で承認されている処方薬です。

2019年8月、Gedeon Richter社は、欧州でバイオシミラー型テリパラチド「Terrosa」を発売したことを発表しました。同製品は、Eli Lillyのフォルステオと同じ適応症、すなわち閉経後の女性および骨折リスクの高い男性における骨粗鬆症の治療、および骨折リスクの高い女性および男性における持続的な全身性グルココルチコイド療法に伴う骨粗鬆症の治療に使用され、成人を対象に承認されています。閉経後の女性では、椎体骨折と非椎体骨折の発生率が有意に減少しますが、股関節骨折は減少しないことが示されています。

市場は、製品タイプ、ステージ、投与経路、分子タイプ別に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]