ペグフィルグラスチム:発熱性好中球減少症などの感染症の発症率低下に貢献

ペグフィルグラスチム 概要

ペグフィルグラスチムは、遺伝子組換えヒト顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)類似体であるフィルグラスチムのPEG化製剤です。骨髄抑制剤による抗がん剤治療を受けている非骨髄腫性がん患者において、発熱性好中球減少症に代表される感染症の発症率を低下させるために使用されます。

リスク因子が大きい患者の中には、骨髄抑制療法により発熱性好中球減少症を発症する可能性があり、感染症の発症リスクが高くなる可能性があります。発熱性好中球減少症を発症するリスクは、容易に使用される多くの化学療法レジメンでは20%未満ですが、感染症は入院および死亡のリスクをもたらします。フィルグラスチムの循環半減期が比較的短いため、20 kDaのPEG部位をフィルグラスチムのN末端(メチオニン残基)に共有結合させ、より長い作用を持つ薬剤を開発しました。ペグフィルグラスチムは、フィルグラスチムよりも半減期が長く、排泄速度が遅いため、フィルグラスチムよりも少ない投与回数で済みます。

ペグフィルグラスチムのバイオシミラー市販薬

ナイベプリア:Pfizer

ナイベプリア(Nyvepria)はNeulastaのバイオシミラーであり、化学療法のような発熱や低白血球数を引き起こす可能性がある抗がん剤を投与されている非骨髄腫性がん患者の低白血球数による感染症の可能性を減らすためにFDAによって承認されています。発熱性好中球減少症として知られるこの状態は、多くの種類の化学療法の一般的な副作用であり、感染症に対する体の防御能力を低下させます。

ペグフィルグラスチムのバイオシミラー新興薬

PF-06881894:Pfizer

PF-06881894は、Hospira pharma社が当初開発し、現在はPfizer社が開発を進めているNeulasta(ペグフィルグラスチム)のバイオシミラー候補です。本剤は現在、好中球減少症の治療薬として登録開発段階にあります。

ペグフィルグラスチムの主要プレイヤー

ペグフィルグラスチムの治療法を開発している主要企業は約20社以上あります。

ペグフィルグラスチム市場は、製品タイプ、ステージ、投与経路、分子タイプ別に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]