フォリトロピンアルファ(Follitropin alfa):ベンフォラやプリマプールなど、女性の不妊症の治療に利用

フォリトロピンアルファ 概要

Gonal-f(注射用フォリトロピンアルファ)は、組換えDNA由来のヒト濾胞刺激ホルモン(FSH)調製物であり、αサブユニットおよびβサブユニットとして指定された2つの非共有結合の非同一糖タンパク質で構成されています。αサブユニットとβサブユニットにはそれぞれ92個と111個のアミノ酸があり、それらの一次構造と三次構造はヒト濾胞刺激ホルモンの構造と区別がつきません。遺伝子組換えチャイニーズハムスター卵巣(CHO)細胞をバイオリアクターで培養すると、組換えFSHが産生されます。FSHに特異的に結合する抗体を使用したイムノクロマトグラフィーによる精製は、一貫したFSHアイソフォームプロファイルと高い特異的活性を有する高純度の製剤が得られます。

フォリトロピンアルファのバイオシミラー市販薬

ベンフォラ:Gedeon Richter

ベンフォラは、活性物質フォリトロピンアルファを含む薬です。これは、卵子を生成せず、クエン酸クロミフェン(卵子を生産するために卵巣を刺激する別の薬)による治療に反応しない女性の治療に使用されます:。

フォリトロピンアルファのバイオシミラー新興薬

プリマプール:IVFarma

IVFarma社は、女性の不妊症の治療のためにプリマプールを開発しています。

フォリトロピンアルファの主要プレーヤー

フォリトロピンアルファの治療法を開発している主要企業は約10社以上あります。

フォリトロピンアルファ市場は、製品タイプ、ステージ、投与経路、分子タイプ別に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]