タリモジェンラヘルパレプベック(イムリジック): FDA承認の初の腫瘍溶解性ウイルス療法

薬剤概要

タリモジェンラヘルパレプベック(イムリジック)は、腫瘍内に直接注入され、腫瘍内で複製され、免疫刺激タンパク質であるGM-CSFを生成する、遺伝子改変された単純ヘルペスウイルス1型を利用した薬剤です。イムリジックはその後、溶解と呼ばれるプロセスで腫瘍を破裂させて死滅させます。腫瘍の破裂は腫瘍由来の抗原の放出を引き起こし、ウイルス由来のGM-CSFとともに抗腫瘍免疫応答を促進する可能性があります。しかし、その正確な作用機序は不明であり、現在研究が進められています。イムリジックは、臨床試験において治療効果が確認され、FDAから承認された初の腫瘍溶解性ウイルス療法です。

今後数年の間に、適応疾患の治療における広範な研究と世界的な医療費の増加により、タリモジェンラヘルパレプベックの市場シナリオは変化すると予想されています。これにより市場規模は拡大し、医薬品メーカーのより多くの市場参入を可能にします。

企業と学術関係者は、タリモジェンラヘルパレプベックの優位性に影響を与える可能性のある課題を評価し、市場機会を模索しています。開発中の治療法は、疾患状態を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

タリモジェンラヘルパレプベック市場は、地域別に、米国、EU主要五カ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]