手掌多汗症市場規模:2017年に米国で2億4610万米ドルに到達 18歳以上の発症が最多

手掌多汗症(PH)は、通常の体温調節のための必要性を超えて過度の手汗をかくことを特徴とする比較的一般的な疾患です。

病因論的には、特発性ともいえる一次性と、根本的な原因による二次性に分類されます。一次性の手掌多汗症は、小児期または青年期に発症し、通常、生涯にわたって持続する傾向があります。また、原因が不明であるにもかかわらず、感情的な刺激や熱刺激によって引き起こされる事が多いとされます。それ以外の誘因としては、交感神経の過活動があげられます。二次性手掌多汗症は、基礎となる病態や薬物の使用の結果として起こります。

手掌多汗症の患者は、手を使った活動に直接的な干渉がある場合に不便さを感じます。発汗により、コンピュータのキーボードの使用、物を持つこと、紙の文書を扱うこと、握手などに不都合を感じ、仕事や学校生活に影響を与えます。

手掌多汗症の疫学

米国では、2017年の手掌多汗症の症例数は1563万4521例となっています。さらに、2017年に米国で診断された有病率は140万7107例であることが判明しました。米国では、18歳以上の発症が最も多いと報告されています。

手掌多汗症治療薬

手掌多汗症の治療は発症した子供や成人の健康と幸福をサポートし、症状を管理することに焦点を当てています。手掌多汗症の管理は、正確なプロファイルで症状を認知し、行動の特徴を考慮して、身体的および神経学的問題に対し適切な治療法と知識を提供することで達成されます。

手掌多汗症の治療には、Atacama Therapeutics社のDexmecamylamine、Dermira社のQbrexzaなどの単剤および併用療法の開発が予定されています。

手掌多汗症市場の展望

手掌多汗症の市場規模は、2017年から2030年に高いCAGRで拡大すると予想されています。2017年の手掌多汗症市場規模は、米国が2億4610万米ドルと報告されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]