アルコール性肝炎市場: 米国が最大規模、アルコール摂取の完全な状況把握には長い聴取が必要

アルコール性肝炎の概要

アルコール性肝炎(AH)は、その名の通り、アルコールの過剰摂取による肝炎・肝臓の炎症です。患者は、1日に8杯から10杯程度のアルコールの大量摂取を何十年も続けています。通常、アルコール性肝疾患の初期段階である脂肪肝との関連で発見され、その後、線維化の進行から肝硬変に至ることがあります。

アルコール性肝炎の徴候や症状としては、黄疸(皮膚や目が黄色くなる)、腹水(腹腔内に体液がたまる)、倦怠感、肝性脳症(肝不全による脳機能障害)などがあります。軽度の場合は自己完結型ですが、重度の場合は死に至る危険性が高くなります。

AHの診断は非常に難しく、重症例では細菌感染や胆道閉塞を合併することもあります。診断の基礎となるのは、詳細な病歴の把握です。患者が飲酒習慣に羞恥心を感じている場合は、このような病歴を得ることはかなり困難です。しばしば、アルコール摂取状況の完全な把握のために、長い聴取が必要とされます。

アルコール性肝炎治療

アルコール性肝炎の診断のほとんどは軽度となります。短期的な予後は良好で、特別な治療は必要ありません。入院は必ずしも必要ではありません。アルコールの摂取をやめ、十分な栄養を確保する必要があります。葉酸やチアミンを含む補足的なビタミンやミネラルを提供することは合理的です。凝固障害のある患者は、ビタミンKを静脈投与する必要があります。アルコール離脱の症状を予測し、適切に管理します。 一方、重度の急性アルコール性肝炎の患者は、早期死亡のリスクが高く、50%以上が30日以内に亡くなります。

2017年に主要国で診断された中等度から重度のアルコール性肝炎患者は65万1028人であることがわかりました。中でも、最も多くのアルコール性肝炎患者数を占めているのは米国です。米国の2017年のアルコール性肝炎の診断有病率は23万7284人でした。一方、日本は15万8709人でした。

アルコール性肝炎市場の展望

アルコール性肝炎の市場規模は、2017年から2030年の間に高いCAGRで増加すると予想されています。市場は、地域別に、米国、EU主要5ヶ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本に分類されています。中でも、2017年の米国は210万米ドルで最大の市場規模を占めました。日本のアルコール性肝炎市場規模は50万米ドルとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]