トリコモナス症:2017年の市場規模は3080万米ドル 米国で最も一般的な性感染症の一つで、男性よりも女性が多く罹患

トリコモナス症の概要

トリコモナス症(TRIK-uh-muh-NEYE-uh-suhss)または「トリッヒ」は、寄生虫による性感染症(STI)です。この疾病は公衆衛生上様々な影響があり、膣炎、子宮頸部炎、尿道炎、骨盤内炎症性疾患(PID)と関連しています。これは、米国で最も一般的なSTIの一つであり、男性よりも女性の方が多く罹患しています。抗生物質で簡単に治療できますが、女性に関しては多くの場合症状が出ません。

症状が出たり消えたりすることもありますが、感染した人の約70%は何の徴候や症状もありません。トリコモナス症の症状は、軽い炎症から重度の炎症まで様々です。感染後5日から28日に発症する場合が多く、一方その期間を過ぎても無症状が続く場合もあり、理由は明らかになっていません。

2017年の米国のトリコモナス症の症例数は257万2例となり、性別では女性が多く、207万3893例と報告されています。さらに、年代別では、40歳から49歳の年齢層が最も多く、次いで30歳から39歳の年齢層が多くなります。

トリコモナス症の薬

治療は、症状の管理と、患者の健康と幸福をサポートすることに焦点を当てています。トリコモナス症の管理は、状態の正確な把握と行動の特徴を考慮して、身体的および神経学的問題に対応する治療と、教育としての備えの提供を中心に展開されます。トリコモナス症の治療には、セクシナダゾール(Lupin Research)などの単剤・併用療法が開発されています。

トリコモナス症市場の展望

トリコモナイア症の市場規模は、2017年から2030年に大幅なCAGRで増加すると予想されています。トリコモナス症の最大市場は米国で、2017年の市場規模は3080万米ドルでした。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]