急性呼吸窮迫症候群:依然として高い死亡率、病態生理の理解は進むも薬理学的治療法は限られる

市場概要

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)は、重篤な患者に発生し、急速に進行する疾患です。ARDSの主な合併症は、肺に体液が漏れて呼吸が困難になったり、窒息を引き起こしたりすることです。一般的に、急性肺障害(ALI)は、左房高血圧症に起因しない急性の重度低酸素状態を特徴とします。ALIは、X線写真により変化を確認できる一連の症状で、それが連続するより深刻な状態がARDSです。ALIの病態生理と管理の理解が進んでいるにもかかわらず、ARDSは依然として死亡率が高い傾向にあります。

急性呼吸窮迫症候群市場は、地域別に、米国、EU5(ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス)、日本に分類されます。2017年の、7主要地域でのARDSの総症例数は79万9872人と報告されています。

ARDSの原因は、肺の直接的損傷あるいは間接的損傷という2つのカテゴリに分類されます。肺の直接的損傷としては、肺炎、誤嚥、外傷などがありますが、肺の間接的損傷としては、膵臓の炎症、重度の感染症(敗血症としても知られています)、輸血、火傷、薬物反応などがあります。ARDSのごく初期の症状には、息切れ、咳、発熱があります。また、速い心拍数や荒い呼吸が症状として現れることもあります。時々、ARDS患者は、呼吸の吸入時に胸の痛みを感じます。血液中の酸素濃度が著しく低下しているために、爪や唇が青く変色する場合もあります。ARDSのリスクを増大させる危険因子はいくつかあり、肥満、アルコール乱用、化学療法、低タンパク血症などが含まれます。

ARDSは、急性、びまん性、炎症性の肺損傷を特徴とし、肺胞毛細血管透過性の増加、肺重量の増加、および肺気管組織の喪失をもたらします。臨床的には、低酸素血症として確立され、胸部X線撮影で両側性の混濁があり、肺コンプライアンスの低下、静脈混合物および生理学的死腔の増加に関連しています。形態学的には、びまん性肺胞損傷はARDSの急性期に観察されます。

ARDSの治療

ARDSは、乳幼児の呼吸窮迫症候群に酷似した呼吸不全の一形態であり、生命に関わる疾患です。これは、肺炎、誤嚥などの様々な肺疾患や、敗血症、膵炎、外傷などの非肺疾患によるもので、非静水圧性肺水腫を発症します。ARDSの治療には、一般的な対処療法、人工呼吸器採用、および基礎疾患の適切な治療が含まれます。対処療法に加えて、ARDSでは薬理学的介入が一般的に考慮されています。薬物候補の調査などの研究は10年以上にわたって行われていますが、ARDSに対する薬理学的治療法はごくわずかです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]