迷走神経刺激装置、外科的移植の高コストが市場成長を制限する可能性も

迷走神経刺激装置の概要

迷走神経の刺激は、電気インパルスを使用して迷走神経を刺激するためのデバイスで構成されています。迷走神経刺激装置は、てんかんやうつ病などの神経学的条件を治療するために使用することができます。迷走神経の刺激は、ペースメーカーに似た仕組みのデバイスを使用して、脳に低い電気パルスを送信します。脳は施術中に物理的に関与しておらず、低電圧の電気パルスの痛みを感じることはありません。迷走神経刺激法は、20年前から難治性てんかんの治療法として定着しています。

迷走神経刺激装置市場の分類

タイプ別(侵襲的VNSデバイス、非侵襲的VNS装置)、用途別(うつ病、てんかん、偏頭痛、その他)などに分類されます。

迷走神経刺激装置市場の推進要因と障壁

迷走神経刺激市場を牽引する要因には、神経疾患の発症率の増加、うつ病やてんかん患者の間での薬剤耐性の上昇などがあります。医療提供者は、投薬をベースとした治療アプローチから迷走神経刺激装置へと移行しつつあります。非侵襲的な迷走神経刺激装置の開発は、さらに需要を増やし、市場の成長を後押しすることが期待されています。しかし、迷走神経刺激装置の外科的移植の高コストが市場成長の障壁となる可能性があります。

業界動向

迷走神経刺激装置市場は、新しい革新的な製品の導入により、技術的進歩が報告されています。様々な市場プレーヤーが、移植可能な迷走神経刺激装置に代わる新しい非侵襲的な装置を開発しています。エレクトロコア社のγCoreデバイスは、成人の頭痛や片頭痛に伴う痛みを治療するためのFDA承認済みの携帯型迷走神経刺激装置であり、家庭環境で使用することができます。

最近では、2020年7月にgammaCore Sapphire CVが、FDA緊急使用許可(EUA)を取得しています。これは、COVID-19が疑われる成人患者のうち、喘息に関連した呼吸困難の悪化や気流の低下の症状がある患者や、承認された薬物療法への耐性が無いもしくは症状の緩和が不十分な患者に対し、緊急を要する治療が必要な場合に使用されます。

迷走神経刺激装置市場は、地域別に、米国、EU主要五ヶ国(ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、英国)、日本に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]