エネルギーベース美容機器:非侵襲な美容治療に対する需要が市場を牽引 一方、適切な払い戻し制度の欠如は市場成長の妨げに

エネルギーベース美容機器の概要

エネルギーベース美容機器は、シワや老化した皮膚のアップリフト、肌の若返り、ニキビ跡や脂肪による皮膚のたるみの除去、引き締まったボディラインの実現など、広く利用されています。同分野での最新技術の開発により、低侵襲な美容施術への需要が高まるでしょう。

先端技術の利用により、施術に必要な時間の節約が可能になりました。高齢者人口の世界的な増加は、若者のみならず高齢者の美意識も高め、エネルギーベース美容機器市場の成長を牽引しています。エネルギーベース美容の施術は、脱毛、顔と肌のリサーフェシング・フォトリジュビネーション、脂肪の減少、ボディラインの形成、肌の引き締め、セルライトの減少、しわ、乾燥、肝斑、色素沈着、毛穴、皮膚のたるみの減少など、多様な分野での用途が見出されています。

エネルギーベース美容機器市場のセグメンテーション

エネルギーベース美容機器市場は、タイプ別(レーザーベース、ライトベース、電磁エネルギー利用、超音波ベース、サクションベース、プラズマエネルギー利用、その他)、用途別(脱毛、皮膚の引き締め、顔の若返り、脂肪の減少とボディライン引き締め、セルライトの減少、傷の除去、その他)、エンドユーザー別(皮膚科・美容クリニック、病院、自宅)に分類されます。

非侵襲な美容治療に対する需要、エネルギーベース美容機器の安全性、美容への関心の高まりなどの要因が、エネルギーベース美容機器の市場を牽引すると予想されています。

しかし、その高い治療費や、適切な払い戻し制度の欠如は、市場の成長の妨げとなります。

業界動向

エネルギーベース美容機器市場は、業界のトッププレイヤーによる製品開発活動により進化しています。例えばCynosure社のElite iQプラットフォームの発売は、エネルギーベース美容機器市場における革新的な出来事です。Elite iQプラットフォームは、前世代のデバイスと比較して、最大エネルギーでより高速な治療を可能にします。Elite iQプラットフォームは、カスタマイズされたレーザー脱毛治療を提供し、すべての肌タイプに対し、体のあらゆる場所のムダ毛を永久的に処理することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]